6月25日「詰め替えの日」

日本で初めて「詰め替え化粧品」を商品化
—省資源・廃棄物の削減、資源の再利用—

1974年、当社は「今あるものを大切に」というスローガンの下、日本で初めて「詰め替え化粧品」を商品化いたしました。

当時の日本では「詰め替えて使う」という行為は、現在のように 一般的ではありませんでした。高度経済成長を背景に大量消費時代に 突入し、化粧品に限らず「使い捨て」が当たり前だったからです。
しかし、1973年の第一次オイルショックにより、物価が急騰。 原料や資材も不足し、「資源は有限」という社会の意識が高まります。

詰め替えの日 イメージ

同年、多くの産業が次々と値上げに踏み切る中、全国地域婦人団体連絡協議会(全地婦連)との提携で生まれた「ちふれ化粧品」について、消費者視点での事業を行うことを約束していた当社では、当時の「100円化粧品」の価格据え置き宣言を実施しました。限りある資源を大切にするとともに、価格維持のためにできることを必死に模索する中で、化粧品を使い終わってもまだ役割を果たせる“空の容器”に着目。1974年6月25日に、簡素化された販売用容器に入った「詰め替え化粧品」の商品化に至りました(化粧水、乳液、クリームなど10種類、25商品)。


「詰め替え化粧品」の発売から40周年の年であった2014年、6月16日に一般社団法人日本記念日協会に、詰め替え化粧品の発売開始日である6月25日を「詰め替えの日」として登録いたしました。


SDGsという概念が生まれるずっと前から、当社の開発した「詰め替え化粧品」は、社会に対し環境保護の大切さを感じていただくきっかけとなったのではないかと思いますが、これからも「詰め替え化粧品」のパイオニアとして、省資源活動の推進、環境保護について考え、取り組んでまいります。


「ちふれ」の様々な詰め替え化粧品

【洗顔】【クレンジング】
記念日登録証「詰め替えの日」6月25日

詰め替えタイプの口紅を商品化

1997年からは、口紅をカートリッジタイプにし、 外側のキャップと本体容器(袴部分)を再利用する 「口紅(詰替用)」も商品化しています。

2021年に発売したドゥーナチュラルのリップ スティックにも詰替タイプを採用しています。

【口紅ケース】【口紅装着時イメージ】

GotoTop